腰痛の色々な種類

 

種類や原因が様々な腰痛

一口に腰痛といっても、その種類や原因は様々です。
それによって治療方法も異なるのため、自分がどのタイプの腰痛であるか知る事が、改善への近道になるのです。

 

まず、一番よく聞くのが椎間板ヘルニアです。
これは、主に年齢による骨格の変化やスポーツによる負荷が原因となっています。

 

椎間板の中身が露出し、神経や脊髄を圧迫することで痛みが生じるのです。
腰の痛み以外にも、手足のしびれ等が出るもが特徴があります。

 

酷くなれば手術が必要になる場合もありますが、初期であれば普段の姿勢や動作に注意すれば自然治癒が望めます。

 

そして、同じ椎間板が原因となる腰痛が、変形性腰椎症です。
椎間板内の水分が減少し、クッションの役目が低下した時に起きる症状で、加齢が引き金となっています。

 

40代半ばを越えて腰が痛いと感じるようであれば、変形性腰椎症の可能性が高いです。
痛みの程度の差はありますが、誰もに起こり得る痛みです。

 

加齢による腰痛は他にも、腰部脊柱管狭窄症というものがあります。
これは年配の方に多いもので、脊柱管という部分が狭くなり、それが神経を圧迫し痛みを引き起こします。

 

腰痛で歩くのが辛くなり、次第に休みを取らず歩ける距離が短くなってしまいます。
この場合は、手術をするか症状を悪化させないようにするかの二択の治療になります。
手術を選ばない場合は、薬の服用があるので副作用には注意が必要です。

 

そして、若い世代に多い腰痛が、腰椎分離症や腰椎すべり症です。
激しい運動などをすると、何かの拍子で腰椎の一部の骨が断裂するのが腰椎分離症。

 

分離した腰椎がずれてしまった場合が、腰椎すべり症となります。
これは、スポーツをする中高生に多い、疲労骨折に近いものだと言えるでしょう。

 

まだ、筋肉や骨格が未発達のため起きるケースが多いようです。
治療には、ストレッチや筋力トレーニングなどをして気長に付き合うことが重要です。
コルセットは筋力を衰えさせる原因になるので、避けるのが賢明です。

 

最後に、同じ姿勢が座ると腰が痛くなる、朝起きると腰が痛い、といった症状がある場合は、筋筋膜性腰痛の可能性があります。

 

猫背でいるほうが楽で、背筋を伸ばし続ける事が出来ない方もこれに当てはまります。
筋筋膜性腰痛は、腰を支える筋肉で一番大きな大腰筋が萎縮することで発生するものです。

 

この場合は、湿布などでは根本治療が出来ません。
骨に異常も無いため外科的な処置も不可能です。

 

治療には、整体などで筋肉を伸ばしてもらたり、ストレッチをするなどが効果的です。
予防のためにも、普段の姿勢にも気をつけましょう。

 

このように、腰痛は一つの原因で起きるものではありません。
また、悪化すると生活に大きな支障が出るため、早めの治療を心がけたいものです。

 

普段から腹筋や背筋で腰の筋力をアップさるなど、自主的な予防にも気を配るようにしましょう。

 

>>腰痛に困ったらこちら<<