腰痛 座り方

 

腰痛予防の座り方・正しい座り方

普段の生活の中で起きてしまう腰痛は、姿勢と関係があります。
正しい姿勢をとっていないと腰椎部分に負担がかかってしまうためです。

 

また、立っている時のほうがかかる負担は大きいように感じるかもしれませんが、
姿勢を支える筋肉を緩ませやすく、背もたれなど支えがある場合も多い、座っている時に、腰痛を感じる方はかなり多いです。

 

そのため、腰痛を防ぐためには、座り方にも注意することが必要です。

 

まず、椅子に座る場合をとりあげてみましょう。
椅子に座る時には、なにより骨盤を立ち上げることを優先します。

 

通常骨盤を後ろに倒した形で座るのが癖になっている人は、起こすだけでも大変なはずです。
そんな時は、坐骨の下にクッションいれましょう。
大臀筋をクッションにのせるのではなく、坐骨に軽くかませる感じです。

 

これだけでもずいぶん腰痛は防げると思いますが、この座り方をすると、
腰が逆に前に倒れ、お腹がぽこんと出てしまう、という人は、おへそを軽く背骨のほうへいれるようにします。
あくまでも脇腹は縮めず、長く伸ばしておくのがポイントです。

 

さらに腰に負担をかけないためには、フットレスト、アームレストの活用も効果的です。
特に腕は片腕で3kgと重さのあるものなので、うまく分散させて負担を減らすことが大事です。

 

次に、床に座る場合を考えてみましょう。
椅子中心の生活になってきたといっても、まだまだ自宅は床に座る機会が多い人もいるのではと思いますが、
骨盤を立ち上げるという基本は一緒で、それさえ守られていればどんな座り方をしても大丈夫です。

 

ただし、骨盤が立ち上がりにくい人が正座をすると、姿勢の矯正がしにくいので、避けたほうが無難です。
正座は意識せずに行うともっとも腰ががまるまり安い座り方でもあり、姿勢をよくしようとして腰を反らせすぎる場合もあります。

 

あぐらなどで床へ座り、骨盤が起きにくいと感じるのであれば、椅子の時と同様、坐骨の下にクッションをいれます。
横座りをしてもかまいませんが、左右足を流す方向はかえながら行うといいでしょう。

 

おそらく試してみるとわかると思うのですが、腰痛を起こさないように正しく座る、というのはなかなか難しいことです。
骨盤を立ち上げるお腹の力の他に、股関節やハムストリングスの柔軟性も必要になるからです。

 

逆にいえば正しく座ることで、筋トレやストレッチにもなる、ということでもあります。
正しい座り方で腰痛を予防しながら、腰痛を寄せ付けない身体をつくっていきましょう。

 

>>腰痛に困ったらこちら<<