腰痛 姿勢

 

「姿勢が悪いと腰痛になる」というのはよく聞く話ですが、具体的に腰痛と姿勢にはどういった関係があるのでしょうか。

 

姿勢というのは簡単にいえば、背骨の並び方(=アライメント)のことです。
このアライメントが崩れている状態を姿勢が悪い、アライメントが整っている状態を姿勢がいいと表現しているのです。

 

例えばアライメントが大きく崩れた状態である「猫背」の場合を考えてみましょう。
丸まった背中で立っていると、自然と体重は後ろのほう、踵へかかってきます。

 

けれども古武術のような独特な構えを除き、通常の膝を伸ばした立位では、体重がどちらかといえば前側にかかる、前重心が正しい状態です。
猫背でいると、後ろにひっぱられる重心を身体が自然と前へ戻そうとする際に腰に負担をかけ、腰痛の原因をつくります。

 

女性に多い反り腰は、一見悪い姿勢のようにはみえませんが、ぎっくり腰や坐骨神経痛の大きな原因となっています。
完全にお腹の力が抜けてしまった状態である反り腰は、腰椎の間が狭くなり、
本来お腹の力でやるべきことも全て、その縮まった腰の部分へ集中して負荷がかかります。

 

重い荷物を持ち上げる他、立ち上がろうとした時などにも腰痛が生じるのはそのせいです。

 

猫背も反り腰も、立っている時だけでなく、座っている時にも起こる症状です。
むしろ、身体を預ける場所が多い分、お腹の力を使わなくても座っていられるため、
座っている時のほうが姿勢はくずれやすい、腰痛になりやすいと言えるかもしれません。

 

姿勢と腰痛の関係について考える上で、外すことのできないポイントがこの「お腹の力」です。
これはスポーツ選手などのお腹をみると6つに割れていたりする、
腹直筋の力ではなく、お腹の深いところにある筋肉、インナーマッスルの力のことです。

 

背骨のアライメントは勝手に整ってはくれません。
背骨のアライメントを整えるには、前出のインナーマッスル、特に背骨をサポートする腹横筋の力が不可欠です。

 

腹横筋の力が弱いと背骨の起点となる骨盤を起こすことができず、背骨のアライメントを整えることができません。
バレリーナを始めとしたダンサーの姿勢がいいのは、この腹横筋を鍛えるトレーニングを積んでいるからです。

 

つまり、姿勢が崩れると腰痛になる、ということは、インナーマッスルの力がないと腰痛になりやすくなる、
ということに言い換えられます。

 

腹横筋をダンサー並みに本格的に鍛えるには特別なトレーニングがいりますが、
腰痛予防のために、ということなら、座っている時に骨盤を座面に垂直に立ち上げるだけでも
背骨のアライメントが整い、効果があります。それくらい姿勢と腰痛の関係は深いのです。

 

>>腰痛に困ったらこちら<<