産後の腰痛

 

産後の腰痛を解消するために

産後の腰痛に悩む方はとても多いと思います。
私自身、元々腰痛持ちではあったものの、出産後は悪化してしまい赤ちゃんのお世話をするのも大変だったくらいです。

 

産後の腰痛の原因で多いのは、女性ホルモンによる骨盤の歪みや緩みが影響していることです。
出産する時に、産道を開いて赤ちゃんが通りやすくするために、女性ホルモンが出て骨盤を限界まで開きます。

 

これは、帝王切開で出産した方にもあてはまることです。
通常であれば、2ヶ月もあればホルモンが分泌しなくなることで骨盤が元にもどるのですが、
うまく骨盤が閉じずにひどい腰痛になってしまう方がいるのです。

 

また、骨盤が開いたままだと、太りやすくなってしまったり、
尿漏れに繋がることもあるので、しっかりと骨盤を元にもどすのはとても大事なことです。

 

そこで、骨盤のゆがみや緩みを直し、正しい位置に矯正することが大事になってきます。
骨盤矯正を行っている整体に通えると良いのですが、赤ちゃんを抱えていてはなかなか足が向けにくいですよね。
そこで、ホームケアの方法をいくつか紹介します。

 

ホームケアでよく使われるのが、骨盤矯正ベルトです。
産後は骨盤だけでなく筋肉も緩んでいるので、矯正しやすい状態にあります。

 

なので、出産後筋肉が少しでも緩い間に早めに自分にあった骨盤ベルトを着用すると良いので、
産後すぐにできることならベルトを着用すると、腰痛の予防にもなります。

 

もちろん、産後時間が経ってしまった骨盤矯正にもベルトは有効なので、試してみましょう。
骨盤矯正ベルトは、通販やインターネットショッピングなどでもいろいろなメーカーが出ていますが、
産院の助産師さんに相談してみても良いものを紹介してもらえることがありますよ。

 

それと、骨盤矯正する体操を日々の生活に取り入れることも大事です。
ただし、これは慢性的な腰痛に効果があるのであって、激痛がある人や、
動かなくても痛みがある人は逆効果になってしまうこともあるので、注意して下さいね。
ゆっくりゆっくり動きも呼吸もスローなペースで行って下さい。

 

足を前に伸ばしてすわり、手を頭の後ろで組んで後ろを向くように左右に身体をひねってみます。
その時に向きにくく感じた側の足をくの字に曲げて立て、伸びている足の外側に交差させます。

 

そのまま上体を向きにくかった方向にひねります。
そのまま10秒キープして戻ります。

 

これを無理のない程度に数回繰り返します。
向きやすかった方も、さきほどの半分の回数でひねります。
これで、骨盤が引き締まります。

 

次に正座をして斜め座りをしてみて下さい。
両側やって座りにくいと感じた側で、手前に来る足の踵が身体の中心に来るくらいの位置まで持ってきて、
足が重ならないくらい開いて斜め座りをします。

 

手を頭の後ろで組んで、上体を足の投げ出している側へゆっくりと曲げて行きます。
気持ちよく伸びたところで、10秒キープして戻ります。

 

これを無理のない程度に数回繰り返します。
向きやすかった方も、さきほどの半分の回数でひねります。
これで、骨盤のゆがみが改善します。

 

産後の腰痛を解消して、赤ちゃんとの楽しい日々を送れると良いですね。

 

>>腰痛に困ったらこちら<<