妊娠中の腰痛

 

妊婦さんのほとんどが経験する腰痛の対策方法

妊婦さんのほとんどが経験するといわれる腰痛。
今回その妊婦さんの腰痛対策についてご紹介したいと思います。

 

そもそも妊婦さんが腰痛になる原因はなんでしょうか。
ずばりお腹の赤ちゃんが大きくなってくるせいですね。

 

妊娠も中期から後期に入ると胎児が重たくなってきて、体のバランスを取るために反り返ったような姿勢になりがちです。
そのため腰や背中に負担がかかるのです。

 

さらに、妊娠すると骨盤の間接や靭帯をゆるめるホルモンが分泌され、お腹を支える力が弱くなって余計腰に負担がかかります。
そのため、妊婦の誰もが避けて通れないのが腰痛なのです。

 

無事にお産を済ませるためにも、腰痛対策は重要です。
痛みを感じたときには無理をせず、患部を安静にして筋肉を休ませるようにしてください。

 

暖かいお風呂に入ることも痛みを和らげるのに効果的といわれています。
元々冷え性の人は血行が悪いために腰痛になりやすいとも言われます。

 

そのため冷え性である人は夏場でもシャワーで済ませないことや半身浴でじっくり体を温めることなど、
いつも以上に体を冷えから守る努力が必要でしょう。

 

またいつも安静ばかりではなく、痛みがないときには適度に体を動かしてあげるようにします。
スポーツまではできなくても、簡単なストレッチやウォーキングは筋力を鍛える面でも、リフレッシュにも効果的です。

 

最近は妊婦用ストレッチやマタニティースイミングなど確立された健康法もたくさんありますので、
自分に合った運動法を見つけるのもいいですね。
とはいえ、すでに痛みがある場合はもちろん運動は逆効果になりますので、気をつけてくださいね。

 

また普段の姿勢も腰痛に影響を与えると言われています。
つまり普段から姿勢が悪いと妊娠時に腰痛になる可能性も大きいということです。

 

それで、普段から背筋をまっすぐ伸ばして姿勢よく生活するようにしましょう。

 

さらに骨盤ベルト、妊娠帯の使用も腰への負担を軽減するのに役立ちます。
医師と相談しながら自分にあった腰痛予防を心がけたいですね。中には腰痛だと思っていたら他の病気が関係していた、
という事例もあるようなので、自己判断で済ませずに、常に医師とよいコミュニケーションをとる習慣があれば安心ですね。

 

 

ほとんどの人は出産後に自然と治る事が多いですが、もともと腰痛があった人は痛みが続くこともあります。出産してすぐに治る人と産後数か月かけて治る人もいますが、あまりに痛みがひどい時は医者に相談しましょう。

 

>>腰痛に困ったらこちら<<