腰痛 腹筋 背筋

 

腰痛を少しでも軽減させるために腹筋・背筋を鍛えましょう

腰痛の原因の一つに、腹筋、背筋等の筋力の衰えがあると言われています。

 

人間の背骨は「椎骨」と呼ばれる平らな骨が、幾つも重なった構造になっています。
胸の部分を胸椎と呼び、腰の部分を腰椎と呼びます。

 

胸椎の方は、肋骨が支えになる為に、胸の筋肉が衰えても大きなズレは発生しないとされています。
しかし、腰の部分の腰椎は、筋肉だけで支えられています。

 

この為、腹筋や背筋等の筋力が衰えてくると、それぞれの腰椎がずれたり、
間隔が狭くなってきたりして、神経や骨とこ擦れ合い、腰痛が発生する訳です。

 

逆に考えると、筋力の衰えが原因の腰痛は、腹筋や背筋等を鍛える事で症状の改善が期待できる事になります。
特に背筋のウチの脊柱起立筋は重要です。

 

脊柱起立筋は背骨の左右に1本ずつあり、腰椎の主な支えとなっている筋肉だからです。
脊柱起立筋の筋力がある方は、体の中心がしっかりと安定し、体の中央に芯を通した感じの姿勢で安定しています。

 

逆に脊柱起立筋が衰えている方は、猫背がちで、姿勢も安定していません。
腰痛の他に、肩こり等の症状を訴える場合もあるようです。

 

脊柱起立筋は、脊柱の姿勢を支え、維持する為の筋肉ですから、持久力に長けた遅筋線維が多くあるとされています。
ですから、脊柱起立筋の筋力を高める為には、軽めの負荷で、動作回数が多い筋力トレーニングが有効です。

 

ただし、脊柱起立筋は筋肉痛の自覚症状が出にくい筋肉と言われていますので、
くれぐれも筋力トレーニングのやり過ぎには注意が必要です。

 

脊柱起立筋を鍛える具体的な方法として、ヒップリフトやプローンレッグレイズ等があります。
ヒップリフトは、膝を曲げた仰向けの姿勢で寝転ります。
腕は体の左右で、手のひらは床を押さえます。

 

この姿勢で息を吐きながら、腰を上げて行きます。
これ以上腰を上げられない地点にくると、しばらく静止し、息を吐きながら腰を元に戻します。
この動作を、個々人の負荷に合わせて繰り返します。

 

プローンレッグレイズは、ヒップリフトより腰の負担が少ないトレーニング方法です。
膝を伸ばした状態でうつ伏せになります。

 

膝を伸ばしたまま、両足をゆっくりと上方向に持ち上げます。
これ以上両足を上げられない地点にくると、しばらく静止し、元に戻します。
この動作を繰り返します。

 

腰痛対策に、この様な筋力トレーニングは有効ですが、もっと大切な事があります。
それは、何故、腹筋、背筋等の筋力が衰えたかの分析です。

 

例えば、肥満等の原因によるものなら、腰痛の解消には、食生活から変えた方が効果的です。

 

デスクワーク等、一日中イスに座り放しの生活が原因なら、筋力トレーニングも良いですが、
就業中に1時間デスクワークしたら、5分間は立って作業してみる等の、生活習慣の改善を行う方が先決です。

 

>>腰痛に困ったらこちら<<