腰痛の原因や急な痛みへの対処法

 

中川式腰痛治療〜実践編〜

これまで長々と教材の本を読んで、同時解説みたいに書き続けてきましたが、いよいよ実践編に入りました。

 

まず腰痛を治すにあたって大事なのはどういう症状で、原因はどこにあるのかですよね?
そうしないことにはいくら教材があっても治すのは厳しいですし。

 

しかしながらわたしの場合そんな重い腰痛でもないので、簡単に見ていきますね。

 

早速ですが腰の痛みの原因として考えられるのは、、、

 

・疲労
・一定の力がスポーツや仕事などにより瞬時又は継続してかかった
・一定姿勢を長時間続けた

 

等が考えられるようです。
つまり腰痛の原因を知ることが必要ですね。
下の画像に一応載せますので、一度これで試してみるといいかもしれませんね。

 

 

更に急な痛みの救急処置RICEという面白い記事を見つけました。

 

 

見づらいので紹介致します。

 

・R→Rest(動かさない)
・I→Ice(氷で冷やす)
・C→Compresion(止血も含めて、患部を圧迫する)
・E→Elevation(患部を高くし、出血を最小限に)

 

わかり易く、しかも覚えやすいですね。
これを参考にして応急処置にも励みたいです。

 

中でも肩こりは再発してしまう可能性があるらしく、それだけでも一度治ったからと言って安心は出来ませんよね。
痛みの原因は筋肉や関節に必ずあるといいます。

 

薬の投与や、水を抜くなどの処置では治らないと言うのが現状なのだそうです。

 

先生の治療法では、ストレッチやトレーニングだけで手術も要らないそうです。
最初わたしがこのサイトを見たときに驚いたのは今でも思い出せます。

 

それで、30年間もの間で1000人以上の患者さんが完治しているらしいです。
そうです。この中川先生の治療はストレッチとトレーニング中心で、、、その極意は姿勢の矯正にあるそうです。

 

そのトレーニング方法等は付属のDVDで学ぶことが出来ます。

 

 

ぎっくり腰やヘルニアに対する治療法も書かれております。
わたしは今回はこのような病気は抱えておりませんので、省略致しますが・・・。

 

もし腰の病気をお持ちでお悩みの方は、是非とも視聴し、トレーニングに挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

少なくともこの本の教材だけでもためになる情報がたくさん載っており、前にも書きました通り軽い運動や、ストレスなく取り組める短時間のストレッチ等をわたしは日頃から取り組んでおります。

 

効果は上々だと感じています。
また悪い姿勢から少しでも早く卒業できるように、普段から心がけております。

 

気持ちをすこしでも向けただけなのですが、前よりは自分の姿勢はよくなった気がしますね。
これからもこの教材で学んだことを実践していきたいです。

 

>>中川卓爾先生の腰痛改善マニュアルの公式サイトはこちら<<