腰痛 病院

 

いい病院を見分けるコツは?

腰痛を感じた時、みなさんはどういう行動をとるでしょうか。
なんとなくだるい、痛いような気がする、といった程度であれば、簡単に自分でマッサージをしたり
湿布を貼ったりする程度で病院にいかないことも多いかもしれませんが、慢性的に繰り返す腰痛や、
急性のぎっくり腰の場合には、受診を考える方がほとんどだと思います。

 

ところで腰痛治療をしてくれるクリニックといっても、厳密にはいくつかの種類があります。

 

整形外科へ行くのがポピュラーですが、マッサージや整体、カイロプラクティックといった代替医療の治療院も選択肢に入り、
迷ってしまう方もいるのではないでしょうか。

 

腰痛を感じたら、まずは整形外科の受診をおすすめします。
整体やマッサージも、筋肉疲労を取り除く、骨のアライメントを整える、といった面で腰痛には効果的ですが、
腰痛の原因がわからないうちから代替医療に頼るのは危険な場合もあります。

 

まずは整形外科を受診して検査を受け、必要に応じて他の科を紹介してもらったり、
理学療法を受ける、という手順がおすすめです。

 

もちろん内臓や骨に異常が認められず、姿勢や筋力不足による慢性の腰痛であるということがわかれば、
整体やカイロを検討してもよいでしょう。

 

さて、整形外科のある病院は数多くあります。

 

病院選びで失敗しない1番確実な方法は、すでに通っている知人から紹介してもらうことですが、
当然腰痛の症状は人それぞれですから、自分に治療法があっているとは限りません。

 

それでも「ハズレ」の確率はかなり低くなる、という点で、紹介、口コミは参考になると思います。

 

腰痛治療はある程度の期間、病院に通うことになるケースも多いですから、
コミュニケーションに応じてくれる先生であるかどうかは重要です。

 

十分な検査、説明をしてくれるか、治療方針には納得できるか、こちらの質問や意見を聞いてくれるか、
専門外と判断したらすぐに他の病院を紹介してくれるか、などがチェックポイントとしてあげられます。

 

理学療法を同時に受ける場合には、スタッフの様子も参考になります。

 

明るく、キビキビと働いている雰囲気があるか、リーダー格の療法士がいるか、担当性か、
予約や待ち時間はどうか、療法に関する希望はきいてもらえるか等を見極めましょう。

 

また、漫然と治療を続けるだけでなく、日常生活においての注意点や、予防の観点での指導があることも大事なポイントです。

 

慢性の腰痛治療はすぐに結果がでない場合もあるかと思いますが、そういった疑問も、つど解決することのできる病院が望ましいといえます。